恋人と復縁したい!復縁の可能性を高める7つの方法

復縁した男女

「好きだったのに意地を張って別れちゃった……」

「できるなら復縁したい!でもどうしたら……」

大切だったはずの恋人と、ささいな行き違いで別れてしまうことは、たくさんの人が経験していると思います。

しかし、別れてみて初めてその人が「自分にとって大切な存在」だと気づくことも多いもの。

復縁したいと思ったとき、お互いに気持ちが一時でも離れたからこそ、どうやって別れた相手にアプローチをかけるべきなのかを見失ってしまう人は珍しくありません。

そこで、この記事では恋人と復縁するためにどうすればよいか、具体的な方法をいくつかご紹介します。

恋人と復縁する7つの方法

まずは、別れた恋人と復縁するために取り組むべき、基本的な7つの方法についてご紹介します。

復縁を相手に迫る前に考えたい、心理的要素も含めてまとめてみました。

1.相手を迫わない

復縁活動をするのに、相手を追わないのは逆効果ではないかと考える人もいます。

しかし、自分がそうされた場合を考えると分かる通り、人は本能的に追われると逃げる性質を持っているため、別れた相手からひっきりなしに連絡がくるとかえって嫌に感じてしまうものです。

これ以上傷口を広げないためにも、相手が今のところ「元・恋人」であることを理解し、別れてからしばらくの間は距離を置きましょう。

2.相手に負担をかけない

恋人同士だった頃、相手とはプライベートでしか縁がなかったのなら、連絡を避けるだけで大丈夫です。

しかし、職場恋愛などでどうしても顔を合わせてしまう場合は、あまり意識してしまうと相手にも負担をかけます。

最初は難しいかもしれませんが、職場の同僚としての仮面をかぶり、いつも通り接しましょう。

深い関係になる前のことを思い出すと、どう接していたかの参考になるはずです。

3.冷却期間を置く

別れる決断をしたのに、また一緒になりたいと考えるのは、何らかの理由があって不本意な決断に至ったということを意味します。

その原因が相手方の一方的な主張にあったのか、自分もそのときは納得して別れたのかなど、様々な状況が考えられます。

自分も相手も、別れたばかりの頃はどうしてもネガティブなイメージで固まってしまいがちです。

そのため、意識的に悪いイメージを手放すためにも、冷却期間を置きましょう。

冷却期間は、理由にもよりますが「半年~1年」という長いスパンで見ることが大切です。

その間に自分や相手の価値観が変わっていることも、十分考えられます。

4.別れた理由を考える

冷却期間の間、何もせずに仕事や趣味に没頭するのも一つの方法ですが、ある程度冷静になったら、「どうして二人は別れたのか?」その理由についてじっくりと考えてみましょう。

どんなことが起こる際にも理由はあり、別れた当初はお互いに感情が高ぶっているため、本当の理由を考えるところまで思考が追い付いていないことも十分考えられます。

できれば、別れた理由はノートなどに書き出してみましょう。

自分のどこに非があったのか、相手のどこに不満があったのかなど、自分の言葉で書き出します。

恋人から指摘された理由などを書き記していくうちに、これは「本当に自分に問題があることだろうか」と考え直す内容も見つかるかもしれません。

その場合は、復縁そのものを再検討してもよいでしょう。

5.自分を磨く

冷却期間の間に、自分に相手を傷つける要因があったのなら、それを取り除く努力をする必要があります。

交際が終了する理由は人それぞれですが、多くの場合は衝突が起こるほどの価値観の相違が原因です。

わがままや相手の束縛など、それが自分の幼さから生まれるものであれば、それは徹底して手放さなければなりません。

どうすれば「昨日よりももっとステキな自分になれるか」を考えて、淡々と自分の心を磨きましょう。

6.恋人との現在の状況を見る

恋人の近況が分かるようなら、冷却期間を終えたあと、現況を近しい人に確認してみましょう。

共通の友人・知人がいるなら、恋人の今の状況を教えてもらうだけでも違いますし、すでに恋人に別の相手がいるなら気持ちを切り替える覚悟が必要かもしれません。

恋人と近しい人と接点がないなら、よく当たる占い師に相談するのも一つの方法です。

占いと聞くと、当たるも八卦・当たらぬも八卦というイメージですが、本当に当たる占い師は世間の目とは全く違う観点から、自分や相手の心境を当てることができます。

どのジャンルを選ぶかは自分自身の感覚によりますが、自分の直観を信じて占い師を選ぶことをおすすめします。

少なくとも、連絡をとる精神的な取っ掛かりになることは間違いありません。

7.最初の連絡は電話よりもメールで

元恋人とヨリを戻したいと考えている場合、最初の連絡は電話ではなくメールを使いましょう。

電話は相手の時間を奪ってしまうため、人によっては「こんなに忙しい中電話してくるなんて、あの頃と変わってない」などと判断されてしまう可能性があります。

そこで、相手が自分のタイミングで読める「メール」を送ることをおすすめします。

メールの文章には余韻があるため、最初読んだときは特段気にならなかったことが、次第に頭の中で膨らむことはよくあります。

メールの内容を頭の中で繰り返すうちに、ひょっとしたら気の向いたときに返信してくれるかもしれません。

連絡をとる際は、相手の立場や思考に配慮した方法を選びましょう。

ケース別復縁方法

続いては、別れを決断するにあたり、自分と相手との間に「嫌い」という感情が生まれていない場合の復縁方法についてご紹介します。

気持ちの変化や物理的な理由など、解消不能と思われている原因にも、実は対処法があるのです。

ケース1.友達関係に戻ってしまった場合

話し合いの結果、友達関係に戻ってしまった場合は、お互いに嫌いで別れた場合と比較するとヨリを戻す可能性が高いです。

その反面、友達の状態から一歩踏み出すために、どのような行動をとるべきか分からないと考える人もいるようです。

方法の一つとして、相手がつらいときに「友達として」寄り添うことが挙げられます。

交際していた頃のアドバンテージとして、相手がどんなときに「つらい・キツい」と感じるのか、ある程度察することができる点にあります。

また、異性であったとしても、公然の友人なら一緒にいても不自然ではありません。

つらいときに悩みを聞いてあげたりしているうちに、交際していた頃を思い出して、今ならもう一度付き合ってもいいかなと考えるケースは十分考えられます。

友達関係が続いているなら、その距離を手放さないことを意識しましょう。

ケース2.遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛になったことを理由に、交際を終わらせる決断をしたカップルは珍しくありません。

どちらかというと、お互いの仕事に理解のあるカップルが決断する傾向にあるようです。

こちらも、お互いの気持ち自体は大きく離れていないわけですから、何かの折に連絡を入れること自体は悪いことではありません。

よって、何かの「ついで」を装って連絡してみるとよいでしょう。

旅行のついででも、仕事のついででも、何かしら理由をつけて会うことが第一歩です。

そこで話を続けていくうちに、LINEやメールでのやり取りが進めばしめたもの。

しばらくコミュニケーションをとり、頃合いを見て復縁の相談をしてみましょう。

復縁したいと考えている男性がとる行動

一度交際が終わってから、同じ相手ともう一度復縁したいと考えている男性には、ある共通点があります。

それは「あなたの目の前で素直になれない」点です。

あなたが他の異性と話をしているのを見て不機嫌になったり、外見が大幅に変わったり、逆に気遣いを見せたりします。

また、LINEなどで急にあなたのことをほめたり、過去を謝罪したりすると、復縁を期待している可能性は高くなります。

相手に上記のような傾向が見られた場合は、一度二人で会う機会を設けてみましょう。

思いのほか、いい方向に話が進むかもしれませんよ。

みなさんの復縁成功体験談

ここからは、一度別れたものの見事に復縁を成功させた方々の体験談をご紹介します。

自分と似た境遇の方も多いと思いますので、ぜひ今後の参考にしてくださいね。

復縁体験談① れいさん25歳
彼とは学生時代に同じ部活に所属しており、私のひとめぼれにより卒業後に1年間の猛アタックの末、告白し付き合い始めました。

その後1年半お付き合いをしていたのですが、受験により学校も離れてしまい、なかなか会えない日々が続き、ケンカも増えていきました。

そして最終的には「好きなのかわからない」と言われ別れることになりました。

ケンカはしていたものの、やはり復縁したいという気持ちが強かった私は、復縁できるように行動しました。

まず初めに、自分の落ち度は謝り、復縁したいと迫ることはせず、相手の思いを受け止めました。

その後は連絡を取らず、半年ほどたってから元彼の誕生日にお祝いのメールをシンプルに送り、その後も年始の挨拶程度で連絡はとらないように意識しました。

そして久しぶりに共通の友人を含めて会うことになったときは、何事もなかったように接し、その後は週1回程度のメールを続けました。

そうしていくうちに、昔話をした際に「ずっと別れたことを後悔していた」と言われ復縁にいたりました。

現在は復縁して7年がたち、結婚の予定もあります。

復縁体験談② まさみさん31歳
大学生の時にレストランでアルバイトをしていました。

そこで一緒に働いていた2歳年上の男性から告白されて付き合う事になりました。

暫く付き合っていましたが、彼は就職が決まり忙しくなって、会える日が少なくなっていきました。

そのままお互い連絡を取る事も少なくなっていき自然消滅してしまいました。

そして3年の月日が流れました。

私は違う人と付き合いましたが、彼の性格が乱暴で別れてしまいました。

前に付き合っていた彼の性格の良さを実感し、もし結婚するなら前の彼しかないと思いました。

そこで自分から彼の自宅に電話をして、もう一度付き合ってほしいと言ったのです。

彼も丁度新しい彼女と別れていたので、承諾して貰えました。

その後私たちは結婚し、今では2人の子供がいます。

復縁体験談③ TTさん27歳
彼と私の出会いは大学で、野球部の選手とマネージャーという関係でした。

彼からの告白で付き合い始めましたが、付き合って2年経った頃には、彼は冷めているように見えました。

そして案の定、私は振られました。

彼は卒業したら社会人野球の選手として野球を続けることが決まっていて、これからも野球をやっていく中で食事は大切なのに、私が料理ができないことが嫌だと言われました。

諦められなかった私は、彼に私の変化を感じてもらうため、できることはすべてやろうと決めました。

料理教室に通い、毎日何かを作りました。

家族や友達にも食べてもらい、アドバイスをもらいました。

それから、スポーツ選手向きのレシピなども調べて作ってみたりもしました。

そして、アスリートフードマイスターの資格も取りました。

そして、久しぶりに会った彼に栄養満点のお弁当渡しました。

それをとても喜んでくれた彼に、人生で二度目の告白をされ、復縁することができました。

彼とは今も一緒にいます。私の料理を毎日食べたいらしく、結婚の話も出ています。

努力して良かったです。

一緒にいたいと思われる女性になろう

男女ともに言えることですが、結局のところ関係が継続するためには、相手に「この人と一緒にいたい」と思ってもらえるかが大切です。

自分の心と相手の心が同じ方向を向いているなら、ちょっとしたきっかけで、離れていた心が再びつながるはず。

相手のさりげないシグナルを見逃さず、時間を使ってアプローチしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事
「別れたけど、やっぱりやり直したい」元彼と復縁するためには、どうすればよいのでしょうか? 次の記事を参考にしてみてください。
歩くふたり

突然すぎる彼との別れ…復縁を願ったYさんの末路

2020年2月21日
ひらめく女性

元彼との復縁を成功させる7つの方法!失敗しやすいパターンと合わせて紹介

2019年11月22日

「当たる」と評判の電話占いはどれ?

誰にも相談出来ない悩み、ひとりで抱えていませんか?

電話占いなら、信頼の出来る占い師の先生に、「今すぐ」「対面することなく」「気軽に」あなたの悩みを相談することができます。

次の記事では、当たると評判の電話占いサイトを、料金や口コミと合わせて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。