不倫で悩み、苦しんでいるあなたへ。辛い時の対処法3つ

「道ならぬ恋」のことを、人は不倫と呼びます。

大好きな人なのに、どうしても次のステージに進めないと悩む人は多いものです。

いつか自分のものにしたい……。

そう思ってもどうすればいいのか、時間が経過するごとに当事者は焦りを感じるはずです。

この記事では、不倫で悩みを抱えている人のために、悩みの種類や不倫相手の心理・辛い時にどう対処すべきなのかをご紹介します。

辛い思いをできるだけ抱え込まず、あなたの意思・考えをハッキリさせることが大切です。

よくある不倫の悩みまとめ

まずは、不倫中に発生する、よくある不倫の悩みをまとめてみました。

当てはまるものが必ずあるはずなので、まずはあなたがどの悩みを強く感じているかを自覚してみましょう。

1.不倫相手に関する悩み

あなたが不倫をしている相手に対し、どんな気持ちを抱いているのかによって、今後の身の振り方も変わってきます。

すでに不倫相手が離婚調停中などの状況である場合を除き、おそらく多くの場合は将来の不安から生まれる悩みとなるでしょう。

以下に、不倫相手に抱く主な悩みについてご紹介します。

堂々と一緒にいることができない

不倫をしている間は、公的な場所で堂々と一緒にいることができません。

不倫相手と表立ってデートができないのはもちろんのこと、連絡を取り合うこともままなりません。

もちろん、会社まで不倫相手を迎えに行くなどもってのほかです。

あらゆる場面において、二人でいることに対し制約が設けられるため、会いたいのに会えないという、時間・空間的な不自由が続いてしまうのです。

相手が本気なのか分からない

不倫とよく似た概念に「浮気」があります。

どちらも「今のパートナーとは別に交際相手がいる」ケースで用いられますが、ややニュアンスが異なります。

区別としては、不倫は結婚しているのに他の相手と肉体的・精神的につながってしまう場合、浮気は一夜の過ちのようにお互いに刺激をもとめて一時的につながってしまう場合といった具合で、概ね区別されています。

お互いに深く考えずに時間を共有する浮気に対し、不倫は「今のパートナーを捨てて新しい生活を始めたい」という意思表示につながるため、本気度も高くなりがちです。

ただ、明確な線引きが決まっているわけではないため、交際相手は浮気のつもり、というケースも十分考えられ、相手の本気度が分かりにくいのです。

奥さんと離婚してくれない

あなたとの関係を進展させるつもりがあるかどうかは、不倫相手が奥さんと離婚することに前向きかどうかで分かります。

すでに一人暮らしを始めていて、あとは離婚調停だけというケースであれば、不倫関係を前向きにとらえることができるでしょう。

しかし、家庭も維持しながら関係を続けたい、という場合は、あなたに対する本気度を疑ってもおかしくありません。

離婚すると口では言いながら、いつまでもズルズルと関係を続けようとする男性もいることから、相手の本心はしっかり把握したいところです。

自分と結婚をしてくれるか不安

不倫関係を続けていると、時折不倫相手の家族に関する話が出ることは珍しくありません。

そんな時、あなたも含めて多くの女性は「本当に自分と結婚してくれるのかな」と不安に感じることでしょう。

誠実な不倫相手であればあるほど、きちんと離婚しようとする努力が見えるものです。

交際を進展させるような態度を取らず、あいまいな関係でよしとする相手であれば、深い関係になる前に身を引いておくことも想定しつつ、あなたの気持ちを正直に伝えましょう。

不倫相手の妻に対する嫉妬

不倫相手と関係が進むにつれ魅力を感じると同時に、不倫相手の妻に対する嫉妬は少なからず生まれるはずです。

「奥さんさえいなければ、すぐに一緒になれるのに」と考える女性は少なくないはずです。

しかし、これを逆の立場で考えた時、つまり不倫相手の妻の立場からすれば、あなたは「泥棒猫」と呼ばれてもおかしくないことをしている自覚が大切です。

奥さんには罪はなく、あくまでも交際相手とあなたの落ち度であることを自覚して、前向きな関係を模索したいものです。

不倫相手の妻に対する罪悪感

不倫相手には、当然ながら家族がいます。

不倫相手の妻、という視点は、あるいは将来のあなたにも当てはまるかもしれません。

もしあなたが同じ立場だったら、大切な家族を変な女に奪われてしまったと怒り狂うでしょうか。

それとも、自分に魅力がなかったから不倫されたのだとあきらめるでしょうか。

家族のこれからを考えるかもしれませんし、場合によっては慰謝料について現実的に考えなければならないでしょう。

これから始まる色々な問題が頭に浮かぶにつれて、どんどん不倫相手の奥さんに罪悪感を案じてしまうかもしれません。

2.自分の家族に関する悩み

交際相手だけでなくあなたにも家族がいる場合、つまりW不倫の場合は、それぞれの家族に悪影響を与えることを自覚しましょう。

お互いに罪悪感を抱えながら、家庭が壊れるリスクを抱えながら交際するのは、思いのほか精神的に負担をかけるはずです。

夫や子供に対する罪悪感

今の夫・子供にとって、不倫相手は生活を破壊する敵に近い存在です。

「心を通わせているのが自分だけ」の相手を家族に認めてもらうことは、誰にとっても難しいものと覚悟しましょう。

時には、強い罪悪感にさいなまれ、後悔しながら交際を続ける日もあるでしょう。

そのような場合、本当に好きな相手は誰なのか・大切にしたい相手は誰なのか、今一度考える気持ちを持つべきです。

家庭が壊れる恐怖

不倫が露見して家庭が壊れてしまった場合、それと同時に交際が終了するケースもあります。

また、社会的制裁を受けることも考えられます。

社会人にとって、不倫は人生や家庭を破壊する爆弾です。

あなたの子供や夫、時には両親の信頼さえ失うかもしれません。

そこに不倫相手がいればよいものの、不倫相手の方で家族との関係を修復する決断をした場合、損をするのはあなたです。

お互いに家庭を持っている場合、一度関係をたたむことも想定し、よくよく考えて交際を進めることが大切です。

3.不倫相手との子供が出来るかもしれない

不倫相手と関係を続けていると、いつか子供が出来てしまうかもしれません。

避妊はいつでも上手くいくとは限らないため、ちょっとした不注意で望まない子供が出来てしまうと、人間関係がさらに複雑になります。

未婚の母として育てるにせよ、先立つものがなければ難しいでしょう。

子供を産むことは大きな責任を背負うものと自覚し、関係を進展させる段階を意識することが大切です。

4.会社にバレて仕事を失う可能性がある

もし、不倫が職場不倫である場合、会社はシビアに判断するでしょう。

最悪の場合、会社にバレてしまえば、あなたが仕事を失う可能性もあります。

例えば、不倫相手とあなたが上司・部下の関係にあった場合で、職場の他の社員がそれを知っていたとしたら、人によってはえこひいきをしているようにも見えます。

会社の雰囲気や業務内容に明らかなダメージを与えているような関係であれば、懲戒処分が下されることも十分考えられることです。

会社に居づらくなり、同業種に転職したとしても、転職先でバレてしまうリスクは避けられません。

「職場不倫での転職」なんていう話は、どの職場でもゴシップにつながりますから、取引先を経由して話が広まっているかもしれません。

職場での不倫がバレた場合、会社の懲戒処分を引き起こすリスクがあり、さらには仕事を失って転職先でも噂されることを覚悟しておきましょう。

5.友達に言えない・相談できない

不倫の問題は、悩みが生まれたとしても、誰かに相談することが難しいものです。

女性が不倫について意見する場合、どうしても厳しい視線でのアドバイスになりがちだからです。

友達に不倫をしていると話すと、本気であなたのことを考えてくれている人なら、十中八九「今すぐ関係を清算しろ」と言われるでしょう。

なぜなら、それがよほど前向きなものでない限り、あなたが損をする可能性が高いからです。

それをある程度分かっていて不倫関係を続けているわけですから、同じ立場にいる女性でない限り、気持ちを分かってもらえないと考えるのは自然なことです。

不倫について、多くの女性の意見は保守的であるため、その点をわきまえることが大切です。

6.不倫を終わらせたい

不倫を人知れず続けていると、いつしか関係を継続することに虚しさを感じてしまうかもしれません。

そこで、不倫を終わらせて新しい出会いを求めるという方法もあります。

この場合、交際相手にその旨を伝え、関係改善につながればよいのですが、そこからストーカーのような悪い方向に関係が傾いてしまうリスクもあります。

お互いの落としどころを考え、場合によっては弁護士などの第三者も踏まえつつ、関係の終了に向けて動くのも一手です。

不倫相手は何を考えている?

不倫相手は、既婚男性でありながら、あなたと交際する道を選びました。

その理由について、単純に「あなたが好きだから」という理由だと考えるのは早計です。

障害を超えてあなたと交際することを選んだわけですから、あなたが相手にとって魅力的な女性であったことは間違いありません。

ただ、不倫相手がどのような気持ちで交際を始めたのか、きちんと知っておくことが大切です。

不倫相手の気持ちが知りたい!彼の気持ちを確認する方法まとめ

2020年1月17日

不倫で辛い時の対処法3つ

ここからは、不倫関係を続ける中で、辛いと感じた時の対処法をご紹介します。

不倫は、お互いの心の隙間を埋めるところから関係が始まっているところも多いため、その隙間を自分で埋める努力が肝心です。

1.自分と向き合ってみる

不倫には、ゴールがあるようでありませんし、ゴールを設定するとその道は険しいものになります。

不倫相手との結婚がゴールなら、各家庭との関係を清算しなければならないでしょうし、公認してもらおうとするなら理解を求める努力が必要です。

そこで、一度ひとりだけで過ごす時間を設けて、自分と向き合ってみましょう。

相手に会わなくても心が落ち着いているようであれば、その関係を続けるべきかどうか、客観的な目で考え直すこともできるはずです。

旅行や趣味・勉強など、自分の人生を豊かにする時間・スキルを得ることを意識すると、関係の見方が変わってくるはずです。

2.本気になる

今までの関係を中途半端だと考えているなら、別れるにせよ進展させるにせよ、本気になる必要があります。

ある意味では、どんな時でも、どんなトラブルが起こっても、前向きに考えることが求められます。

不倫が職場にバレることも、奥さんと争うことになっても、家族・親族に見放されても、それでもあなたが輝けるかどうか、一度本気で考えてみましょう。

3.プロに電話で相談する

もし、一人で悩んでいて辛いと感じたら、あなたと直接関係のない、赤の他人に相談してみましょう。

できれば、人の悩みに寄り添い続けてきたプロに、電話で相談するのがよいでしょう。

人目を気にする中で人生相談を受けるには、酸いも甘いも嚙み分けることができる占い師がオススメです。

電話を使えば、全国各地の頼りになる占い師と話せますから、心の重荷を下ろすことができるはずです。

お住まいの地域で不倫の相談を対面占いで行った場合、ひょっとしたら知り合いに話を聞かれてしまう可能性があります。

その点、電話占いであればあなたの居住圏から離れた占い師と話ができるため、身バレを防げます。

心を軽くしたいなら、一度電話で占い師に相談してみることをオススメします。

まとめ

不倫は、忍ぶ恋です。

人知れず逢瀬を重ねることは、スリルに満ちているかもしれませんが、将来も関係を続けられるかどうかは分かりません。

場合によっては、職場・家族・親族などを巻き込んだ、大修羅場に発展するかもしれません。

それでもあなたが相手を愛せるのかどうか、じっくり考えてみることが、辛さを軽減することにつながるはず。

どうしても心が騒いで眠れない夜は、電話占いであなたの気持ちを確認しながら、心を落ち着けてみてはいかがでしょうか。

ひとりきりで悩んでいるあなたへ

いかがだったでしょうか?

男性の気持ちというのは女性には理解できない部分も多く、それ故に振り回されることも多いでしょう。

そして、男性の考えというのは多種多様です。

一筋縄でいかないからこそ、当サイトに訪れてくださっているアナタも悩む日々が続いているのだと思います。

しかし残念ながら、男性の考えを一人で考えていても解決する手立ては中々見つかりません。

困ったときには素直に自分の気持ちを誰かに話すのも良いでしょう。

電話占いのヴェルニでは、今すぐ実績のある占いの先生に相談することができます。

友人に打ち明け辛いようなことでも話せるので、きっと悩んでいるアナタの心の拠り所になるでしょう。

当たると評判の先生も多く在籍しているので、アナタの次の一歩が見つかるハズです。

今なら新規会員登録で、最大2,500円分の鑑定料が無料になります。

以下サイトから簡単に先生と相談ができるので良ければ覗いてみてください。

⇒公式サイトはコチラ

「当たる」と評判の電話占いはどれ?

あなたは、誰にも相談出来ない悩みを抱えていませんか?

電話占いなら、信頼の出来る占い師の先生に、「今すぐ」「対面することなく」「気軽に」悩みを相談することができます。

次の記事では、当たると評判の電話占いサイトを、料金や口コミと合わせて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。