音信不通の相手に連絡したい!押さえておくべきパターン別対処法

音信不通になってしまった相手に連絡したい場合、最も確実な方法の一つに「探偵に身辺調査をお願いする」という方法が考えられます。

しかし、この方法にはお金がかかりますし、正当な理由がなければストーカー等と勘違いされてしまうおそれがあります。

そこで、自分にできる範囲で相手の情報をリサーチしようと考えるわけですが、誰に対しても同じ方法でアプローチするのは逆効果です。

この記事では、音信不通になった相手・連絡したい相手が自分にとってどんな関係なのか、という視点から、パターン別の対処法をご紹介します。

パターン1.彼氏の場合

まずは、連絡したい彼氏が音信不通になってしまったと自覚した場合です。

何度も連絡するのはもちろん逆効果ですから、連絡するタイミング・文章・協力体制など、一度の連絡を効果的にする方法についてお伝えします。

連絡するベストなタイミング

何らかの形で連絡しても、自分のメール等が無視されてしまうのなら、連絡する意味がありません。

ここぞというタイミングを見計らって連絡することが、返信してもらえる確率を高めてくれるでしょう。

基本的なルールとして、音信不通を自覚した段階で、「半年~1年」という長い期間を設けて、連絡を絶ちます。

あなたと距離を置きたい理由があるうちは、彼の側からあなたに連絡することはないと考えられるため、こちらからもあえて連絡したい気持ちを抑え、距離を置くスタンスが望ましいでしょう。

やがて、一定の期間が経過したら、彼の心理から「一人でいることに抵抗を感じる」タイミングで連絡を入れてみます。

具体的には、バレンタインデー・夏休み・ハロウィン・クリスマス・年末など、一般的にはカップルでいた方が充実しているとされる時期を選びましょう。

返信が来やすいメール・LINE内容

彼氏に連絡する場合は、できる限り彼氏にとって回答しやすい内容でまとめるよう心掛けましょう。

「元気だった?」とか「久しぶり。」などといった、簡単な一言に男性は反応します。

長い文章を送ってしまうと、かえって返信を面倒に感じてしまうのが男性です。

連絡したいという意思は極力表に出さず、返信を強要しないような文面にすると効果的です。

共通の友人に協力してもらう

共通の友人がいるなら、連絡がとれていない現状を相談し、さりげなく話を振ってもらうのも一手です。

その後相手から連絡が来るのを待つなり、一定期間が経過してから連絡を自分からいれてみるなりして、今後の展開を探りましょう。

会社や実家に連絡しても大丈夫?

彼氏という関係性は、連絡すべきなのか、すべきではないのか、判断に迷う立ち位置かもしれません。

会社への連絡については、金銭問題など特別な事情がない限りは控えるべきでしょう。

実家への連絡については、例えば両親へのご挨拶を控えている時期で、あなたとも面識のある関係なら、一度連絡してみるのもよいでしょう。

それではぐらかされるなら、彼氏とはそれまでの関係ですし、逆に「どうして!?」という反応なら、彼の身に何か起こった可能性もあります。

辛かった恋…最後の連絡はするべき?

いろいろな手立てを講じても、最終的に彼から連絡をもらえなかった場合、これで終わりだという最終通告は必要なのでしょうか。

結論から言えば、あなたの気持ち次第です。

別れに対して踏ん切りがつかないなら、そのままの関係を続けてもよいのかもしれませんが、次に向けて進みたいのなら、何らかの形で連絡して終わる方が気持ちも吹っ切れます。

別れると決めた段階で電話をかけ、着信に対して反応がなかったら、さよならを伝えましょう。

パターン2.疎遠になった友達の場合

続いては、友達が疎遠になり、ある程度の時間が経過していた場合です。

関係性が古くから続いているなら、ひょっとしたら彼氏よりも心配になるかもしれません。

この場合、連絡したいと思ってから連絡するまでのハードル自体は、それほど高くないでしょう。

しかし、なぜ音信不通となったのか理由を事前に考えておくと、その後の展開がスムーズです。

音信不通になった理由を考えて行動する

まず、どういった理由で音信不通となったのか、理由を改めて考えてみましょう。
明らかに原因が分かっているならともかく、自分に音信不通となった自覚がないのなら、何段階かに分けて「原因と思われる状況」を整理することをおすすめします。

直前にケンカしている

最も分かりやすいのが、音信不通になる直前にケンカ別れしてしまったパターンです。

意見が分かれて口論となり終わったのであれば、まだその熱が冷めていない状況が考えられます。

特に、仲が良いと知らず知らずのうちに礼儀を忘れていて、相手を傷つける言葉をぶつけてしまっているかもしれません。

このような場合、自分に非があると感じているなら、素直に謝ってから連絡をとってみましょう。

忙しさから来るもの

LINEなどのやり取りで、最後の連絡から既読になっていない状況が続いている場合、他の友達も含めてプライベートでの連絡自体ができていないほど忙しいのかもしれません。

このような場合は、できるだけそっとしておいてあげた方が本人にとってはありがたいことでしょうし、しばらく様子を見てみましょう。

1ヶ月単位のスパンで連絡を試み、それでもやはり反応がないようであれば、昔からの友達なら実家などに連絡してもよいかもしれません。

特別な事情があった

友達の身・スマホなどに何かあった場合も、思うように連絡が取れなくなります。

スマホを紛失してしまったケースでは、バックアップをとっていない場合、連絡先自体が分からなくなってしまうおそれもあります。

その他、しばらく連絡がないから放っておいたら、友達から入院していた旨の連絡があるかもしれません。

病気・事故に遭遇してしまうと、どうしても連絡をとる時間・機会が限られてしまうため、この場合は連絡をとれた段階で一件落着となります。

万一、どのような形で連絡を試みても有力な情報が得られないようなら、最悪大きなトラブルに巻き込まれている可能性もあります。

その場合は、念のため警察に相談してみることをおすすめします。

手紙はアリ?ナシ?

電話・メール・SNSなどで連絡を取るのが難しい状況であれば、あえて古風な手段をとるという方法もあります。

友人もしくは実家の住所が分かっているようであれば、一度手紙を送ってみましょう。

メールやSNSなどに慣れ親しんでいると、手紙では手書きで本人の気持ちが伝わりますから、何だか懐かしく感じるはずです。

そこから相手の気持ちに訴えかけることで、返信してみようかな、という気持ちにさせられるかもしれません。

また、比較的迅速に連絡をとりたいのであれば、手紙に電話番号を書いてみましょう。

手紙を受け取った段階で、友達がこちらに電話しやすい状況を作りやすくするねらいがあります。

手紙を送る際の注意点としては、ある程度「距離のある」ところに送ることです。

住んでいる場所が近くて、お互いの情報を数多く持っている友達に手紙を書いても、かえって面倒に思われるかもしれません。

また、連絡を取らなくなってから年数が経過していないと、心理的な距離の隔たりが縮まらない可能性もあります。

物理的・心理的な距離のある友人に対して、手紙は有効であるものと理解しておきましょう。

パターン3.元夫の場合

最後に、元夫と音信不通になってしまった場合について考えてみましょう。

すでに共同生活を終え、結婚生活にピリオドを打ったわけですから、できるだけ連絡はしたくないというのが元夫・元妻お互いの本音かもしれません。

しかし、慰謝料や子どもがいる場合の養育費の振込などは、しっかり手続きを行っておかないと生活に困る可能性があります。

やはり、子どもが成長するまでの間・慰謝料をもらい切るまでの間は、何らかの形で連絡が取れるような体制を整えておいた方がよいでしょう。

相手の男性心理を考える

男性が元妻に連絡したいと考える理由があるとしたら、自分の子どもに会いたい、といった理由が多くを占めます。

しかし、子どもに対する愛情・元妻であるあなたに対する愛情が薄れてしまったら、おそらく元夫は連絡を取る気にはなれないでしょう。

心が完全にあなたから離れることで、今後の連絡の一切を絶ってしまうというのが、男性側の心理です。

ただ、単純な気持ちの問題だけで連絡を絶ってしまうのは、多少幼稚な面があると言わざるを得ません。

養育費を請求するのは、育てる側の親として当然の権利です。

毅然とした態度で連絡しましょう。

養育費の振込をしてもらうには

元夫に連絡するのは嫌でも、子どものことを考えた場合、養育費の振込は大きな問題となります。

現実問題として、連絡が取れる・取れないにかかわらず、子どものための養育費の振込は続けてもらわなければなりません。

事前に離婚公正証書を作成しておけば、元夫が支払える財力を持っている限り、養育費の回収ができます。

しかし、強制執行を行うには元夫の勤務先の情報などが必要になるため、離婚した当初から勤務先・住所等が変わっている場合など、探偵に調査を依頼するための予算がなければ、自ら連絡を取る必要性に迫られるのです。

連絡をとる場合、できるだけ冷静に、言葉を選んで支払い期限について伝えます。

嫌な気持ちになるかもしれませんが、なるべく柔らかい表現を選んでください。

それでも反応がないなら、通例で言えば内容証明の発送・強制執行の手続きとなります。

しかし、元夫が完全に行方をくらました場合、新たな勤務先を追いかけるのは時間がかかるため、やはり連絡がつく間に話を付けるのが合理的かもしれません。

まとめ

特定の相手と音信不通になってしまった場合、お互いの気持ちがどこまで離れているのかによって、取るべき対応が変わってきます。

連絡したいという気持ちだけで行動すると、離れたいと思っている相手と逆の方向にエネルギーを向けることになるため、いつまでも二人が向き合うことはありません。

時間はかかるかもしれませんが、相手の対応を待つこと・相手に負担をかけないことを意識したコミュニケーションを図り、お互いの関係を進展させる努力を怠らないことが大切です。

どうしても場所などを特定したい場合は、腕のよい占い師を頼るというのも一つの方法です。

探偵に比べて予算も安く、相手探し以上に大事な自分の将来を相談できるメリットもありますから、先が行き詰ってしまった場合は、利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

ひとりきりで悩んでいるあなたへ

いかがだったでしょうか?

男性の気持ちというのは女性には理解できない部分も多く、それ故に振り回されることも多いでしょう。

そして、男性の考えというのは多種多様です。

一筋縄でいかないからこそ、当サイトに訪れてくださっているアナタも悩む日々が続いているのだと思います。

しかし残念ながら、男性の考えを一人で考えていても解決する手立ては中々見つかりません。

困ったときには素直に自分の気持ちを誰かに話すのも良いでしょう。

電話占いのヴェルニでは、今すぐ実績のある占いの先生に相談することができます。

友人に打ち明け辛いようなことでも話せるので、きっと悩んでいるアナタの心の拠り所になるでしょう。

当たると評判の先生も多く在籍しているので、アナタの次の一歩が見つかるハズです。

今なら新規会員登録で、最大2,500円分の鑑定料が無料になります。

以下サイトから簡単に先生と相談ができるので良ければ覗いてみてください。

⇒公式サイトはコチラ

「当たる」と評判の電話占いはどれ?

あなたは、誰にも相談出来ない悩みを抱えていませんか?

電話占いなら、信頼の出来る占い師の先生に、「今すぐ」「対面することなく」「気軽に」悩みを相談することができます。

次の記事では、当たると評判の電話占いサイトを、料金や口コミと合わせて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。