離婚した元夫との復縁は難しい?後悔する前に知っておきたいこと

離婚した夫婦

離婚の理由は夫婦によって様々ですが、一度完全に別れてから元サヤに戻るのは、結婚していた場合は特に難しいとされています。

恋愛に伴う責任は限定的ですが、結婚にはおカネや暮らしの問題が密接に関わってくるため、ギャップを埋めるのにどうしても時間がかかるのです。

元夫は、離婚に伴う数多くのマイナス面を受け入れつつ、自分の妻だった女性と別れることを決断しています。

それはつまり、離婚で大きなダメージを受けたとしても、夫婦関係を終わらせた方が今後プラスになると判断しているということです。

並々ならぬ決意で決めた離婚という決断を覆すには、かなりの時間・労力をかけて復縁に向けた努力が必要です。

この記事では、元夫との復縁の難易度や、後悔する前に知っておきたいことを詳しくご紹介します。

元夫との復縁を考えた理由

親子

そもそも、離婚した女性が元夫との復縁を考える場合、具体的にはどのような理由が考えられるのでしょうか?

以下に、主なカテゴリをまとめてみました。

子供には父親が必要だと感じた

元夫と離婚し、子供を一人で育てるようになると、「自分の子育てに限界を感じてしまった」という声は少なくありません。

母子間のコミュニケーションがうまくいっていれば問題ないのですが、どちらかというと父親と仲がよかった子供の場合、大きくなってから強く親に反発してしまうケースもあります。

そんなとき、子供には男性の力強さが必要なのではないかと思い悩む母親は少なくないようです。

全ての家庭で言えることではないものの、やはり父母が家庭内に存在していることから生まれるバランス感は、少なからず子供に影響を与えると言えそうです。

シングルマザーが辛い

元夫と離婚し、シングルマザーになることを選択した女性の多くは、元夫に自由を奪われず、精神的に楽な生活ができるものと判断して離婚を決断します。

もちろん、元夫の存在がストレスになるなら、その選択肢は正しいものだったと言えるでしょう。

しかし、離婚してみてから子育ての手が足りなかったり、力仕事などでマンパワーが不足したりという状況を経験してしまうケースも多く、子育てのことで相談できる人が身近にいないという人も珍しくありません。

そんな時、結局離婚は自分のわがままだったのではないかと、後悔してしまう人もいるようです。

お金(養育費)の問題

子育てをしているシングルマザーにとっては、もっとも切実な事情の一つでしょう。

シングルマザーが経済的自由を得るのは、多くの人にとって難しいものです。

精神的自立を果たしたとしても、子育てしながら正社員として働くことが難しいと話す人は少なくありません。

それなら離婚した元夫に対し、養育費を請求すればよいのではないかという話になりますが、これも確実な話ではありません。

というのも、養育費の支払いは元夫の収入に左右されるため、元夫が子供に興味を持っていない場合は十分に支払いがなされないケースもあるのです。

そこで、弁護士に相談したり裁判所を経由したりして、履行勧告や強制執行申立などの手続きを考える人もいます。

しかし、それが理由で会社を辞めてしまい、元夫が行方をくらませてしまうと、その後の養育費回収は絶望的です。

捜索にかかる費用は自分でねん出しなければならないため、結局出費がかさんでしまい、労多くして実入りの少ない結果になるリスクもあります。

それならいっそ、また一緒に暮らした方が家計にも影響を及ぼさないだろうと考えるのは、ある意味自然なことです。

元夫との復縁が難しい理由

喧嘩をする夫婦

復縁を考える理由こそ人それぞれですが、実際に元夫と復縁にまでこぎつけるのは、そう簡単な話ではありません。

理由は、あなたが求めている夫婦関係は、一度自分たちの手で「壊してしまった」関係だからです。

一度こぼれてしまったミルクをコップに戻すのは、新しいミルクをコップに注ぐことよりも、はるかに難しいものです。

どのような関係性にも言えることですが、一度信頼関係を失ってしまうと、同じ信頼を取り戻すにはかなりの時間がかかってしまうのです。

特に、男性は「信用」という概念に敏感な生き物ですから、離婚の原因があなた側に合った場合、まず許してくれないと考えた方がよいでしょう。

逆に、元夫の側にも同程度の問題があったのなら、交渉次第で復縁につながる可能性はあるかもしれません。

元夫と復縁するには

手を繋ぐ夫婦

復縁について、元夫に交渉のテーブルについてもらうには、どのような形でやり取りを進めるべきなのでしょうか。

もし、元夫も家庭を取り戻すことに積極的なら、以下のことを押さえておくと、復縁の可能性を高めることにつながります。

連絡は元夫に合わせて行う

再び連絡を取り始めた頃は、最初のうちは機嫌を損ねないために、できるだけメールやLINEを使って文字でのやり取りを心がけます。

文字でのやり取りは、相手の都合のよいタイミングで返信ができるため、負担を与えません。

連絡がつくようになったら、そこからが勝負です。

あなたが連絡した後、元夫から連絡が帰ってきたら、なるべく早めに返信します。

そして、あとは返信を待ちます。

元夫からの返信は気を長くして待ち、自分の返信はできるだけスピーディーに行う。

これが「相手を想ってのこと」だと気づいたとき、お互いの距離は縮まるはずです。

便りを待つ間は将来のことを考える

連絡をただ待っているだけでなく、連絡が来ない間に今後のことを考えるのも大切です。

元夫と再び結婚生活を始めるなら、前回と同じ失敗だけは避けなければなりません。

  • 以前離婚に至った原因は何か?
  • それは回避可能なことだったのか?
  • 将来を見据えて自分に何ができるのか?

少しでも多くのことを想定し、あなたにできる範囲で、元夫が関係を修復できる土壌を整えておきましょう。

子供が両親の仲を取り持つことも

お互いの間に子供がいる場合、その存在が両親の仲を取り持つこともあります。

子供のことが原因で離婚したわけではないなら、話し合いの席に子供を呼ぶのも、ある程度有効です。

家族みんなで旅行に行ったこと・誕生日の話など、思い出話に花が咲くことで、またあの頃のように戻れるのではないかと家族全員が期待できるようになります。

当事者全員が話し合いに参加できる雰囲気ができれば、より復縁への可能性が高まります。

ただし、復縁に対して子供が疑問や不安を感じるようであれば、ある程度時間をかけて説得することが必要かもしれません。

家族全員が気持ちよく一緒になるために、慎重に話を進めましょう。

元夫と復縁する際の注意点

注意点

元夫との復縁を考えた際に障害となる可能性について、いくつかご紹介していきます。

結婚はお互いの気持ちだけで進めることが難しく、どうしても周囲の環境に少なからず影響を受けます。

家族や元夫の交際相手にも配慮して、復縁の意向を伝える必要があります。

元夫に不倫相手がいた場合

まずは、元夫に不倫相手がいて離婚した場合です。

このケースでは、復縁に至る可能性は低いため、まだ不倫相手と関係が続いている・もしくは結婚しているようなら、今後のリスクも考えて潔く身を引いた方が賢明です。

ただし、このあたりはケースバイケースで、不倫相手とはほどなく別れ、現在は一人さびしく暮らしていることが分かったなら、復縁のチャンスはあるかもしれません。

あなたがどこまで元夫を許せるかどうかですが、その場合はコンタクトを取ることで主導権を握ることができるでしょう。

不倫相手の影が見えない場合は、探偵を雇って調べるという方法もあります。

予算の都合上、綿密な調査の依頼が難しい人の中には、占いを使って元夫の近況をチェックしてみる人もいるようです。

姑が原因だった場合

離婚の大きな原因の一つに「嫁姑問題」があります。

根が深い問題の一つで、嫁側だけでなく姑側にも歩み寄る姿勢が必要ですから、元夫の家族があなたのことをどう考えているかで、復縁の可能性は変わってきます。

生まれ育ってきた環境が違うと、どうしても価値観の相違は生まれてしまうものです。

敵は姑だけで、事情を話して元夫も含めその他の家族全員が味方になってくれるなら、復縁を検討してもよいかもしれません。

元夫の実家との関係性に注意

姑に限らず、元夫の実家との間に何らかの問題が生じて離婚した場合は、仮に元夫との仲が改善し復縁したとしても、再婚にまで至るのは時期が早いかもしれません。

籍を入れなくても交際は続けられるわけですから、事実婚の形を取って実家とはコンタクトを取らないという選択肢もあります。

籍を入れなくても交際は続けられるわけですから、事実婚の形を取って実家とはコンタクトを取らないという選択肢もあります。

どのような形がお互いにとってベストなのか、しっかりと話し合うようにしましょう。

元夫と再婚する際に知りたいこと

婚姻届

一度離婚した元夫と再婚する場合、それに伴う現実についても理解しておく必要があります。

婚姻届けや戸籍・子どもに関することなど、復縁のためやるべきことは意外と多いものですから、最低限以下の内容は押さえておきましょう。

婚姻届について

初婚・再婚を問わず、特定の相手と結婚するためには「婚姻届」を書かなければなりません。

書き方は初婚と再婚で大きく変わらないのですが、以下のような「再婚時のみ気を付けなければならない」注意点もあります。

  • 再婚禁止期間(前夫と死別・離婚した場合はその後100日間は再婚ができない)
  • 「初婚・再婚の別」の欄について書き方が初婚と異なる
  • 親子で戸籍が異なる場合がある
ただし、再婚禁止期間に限って言えば、直近で離婚した夫と復縁する場合、再婚禁止期間は適用されません。

こういった事情を知らずに婚姻届を出してしまうと、後々思わぬところで問題が発生してしまうかもしれません。

特に、あなたの子供に対して不安を与えないためには、再婚時の戸籍手続きについて知識を頭に入れておく必要があります。

離婚欄について

おそらく、多くの方が初婚時には気にしなかったと思うのですが、婚姻届には「初婚・再婚の別」という欄があります。

再婚の場合、夫婦それぞれが初婚・再婚のいずれかにチェックを入れます。

また、死別・離別それぞれの場合において、いつ関係が終わったのか、日付を書かなければなりません。

今回は離婚なので、戸籍謄本を確認して正しい離婚日を書きます。

もし、夫婦のどちらかが、過去に何度か離婚を経験している場合は、直前の離婚日を記入すれば問題ありません。

子供の戸籍について

再婚時にどちらかが子供と一緒に暮らしている場合、子供の戸籍について色々と考えなければなりません。

夫の戸籍に子供が入っているなら、子供の名字は変わらないので、特に問題はありません。

しかし、いったん夫の戸籍から子供を抜いてしまうと、子供は妻側の戸籍に残ってしまいますので、そのままにしておくと不便が生じます。

夫と妻で名字が違いますから、戸籍謄本の取得や周囲への説明など、余計な手間が増えてしまうおそれがあります。

ただ、学校では名字を変えずに通えるよう配慮がなされるため、手続きの不便と名字変更の手間を天秤にかけ、名字変更の方が面倒ならそのままにする方法もあります。

子供の戸籍を変えるべきかどうかは、しっかり家族で相談した方がよさそうです。

児童扶養手当について

離婚してひとり親で子供を育てている場合、児童扶養手当の恩恵を受けられます。

しかし、再婚すると児童扶養手当は受け取れないため、市区町村の窓口で資格喪失の手続きをしなければなりません。

もし、手続きが大幅に遅れたり、再婚した事実を黙って手当を受け取っていたりした場合は、その分をさかのぼって返金することになります。

罰則も設けられており、最悪「3年以下の懲役または30万円以下の罰金」に処せられる可能性もありますから、十分注意が必要です。

まとめ

離婚後、元夫と復縁するためには、交際時の復縁以上に数多くの問題が生じます。

しかし、それを解決するために前向きな話ができる心境なら、復縁の可能性は高いでしょう。

考え方の違う人同士が一緒になるわけですから、意見の違いや衝突は避けられません。

元夫も含め、自分たちの浅はかさが離婚の原因だったと自覚している場合は、よい結果が期待できるはずです。

まずは、お互いが対話のテーブルにつくことを目指しましょう。

そこから、全ては始まります。

あと一歩が踏み出せないなら、誰かに後押しをしてもらいましょう。

同じ悩みを抱えている人や、あなたの悩みを親身になって聞いてくれる人は、意外とすぐそばにいるかもしれませんよ。

合わせて読みたい記事
「別れたけど、やっぱりやり直したい」元彼と復縁するためには、どうすればよいのでしょうか? 次の記事を参考にしてみてください。
歩くふたり

突然すぎる彼との別れ…復縁を願ったYさんの末路

2020年2月21日
ひらめく女性

元彼との復縁を成功させる7つの方法!失敗しやすいパターンと合わせて紹介

2019年11月22日

「当たる」と評判の電話占いはどれ?

誰にも相談出来ない悩み、ひとりで抱えていませんか?

電話占いなら、信頼の出来る占い師の先生に、「今すぐ」「対面することなく」「気軽に」あなたの悩みを相談することができます。

次の記事では、当たると評判の電話占いサイトを、料金や口コミと合わせて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。