復縁の冷却期間はどのくらい必要?別れた原因からみるベストな期間を紹介!

恋愛中に別れを迎えてから、付き合っていた相手との復縁を成功させるためには、1ヶ月・半年・1年といった一定の期間、冷却期間を設けることが大切です。

この記事では、復縁に必要な冷却期間を相手と別れた原因別にベストな期間をご紹介します。

辛い恋愛をしているあなたに
恋愛に関する辛い悩み、今すぐ解決しませんか?

電話占いなら、恋愛相談で実績のある先生に、今すぐ・誰にも内緒で相談することができます。

解決の糸口をつかむために、ぜひ活用してみてください。

⇒評判の良い電話占いサイトを確認する

冷却期間はどのくらい?復縁成功者にアンケート

この記事を執筆するにあたり、事前に「どのくらいの冷却期間を置くことで復縁に成功した」のか、20~50代の女性96人にアンケートを取りました。

Q.どのくらい冷却期間を置くことで復縁に成功しましたか?
1週間未満 4人
1週間〜3週間 16人
1ヶ月 21人
2ヶ月 6人
3ヶ月 13人
4ヶ月 5人
5ヶ月 1人
半年 16人
1年〜2年 12人
3年以上 2人

早い人で1週間未満、遅い人では3年以上かかってから復縁となりましたが、概ね1ヶ月~半年といったところに人数が集中しています。

具体的には、1ヶ月での復縁は21人・3ケ月で13人・半年で16人となっており、これらの期間だけでおよそ半数を占めています。

一部、2週間での復縁が10人となっていますが、こちらはケンカ別れからの復縁など、そこまで傷は深いものではなかったのだろうと考えられます。

復縁に冷却期間が必要な理由とは

恋愛中は、誰しも気持ちの盛り上がりが大きいものですが、それだけに何かトラブルが起これば落胆の気持ちも強まります。

冷却期間を設けることには、そういった自分の気持ちをフラットにして、相手との関係・距離を見直せるメリットがあります。

冷却期間の中で、相手に自分の悪い部分を忘れてもらうと同時に、自分自身に変化を加えて他の人からの見方を変えることもできます。

設定期間を意識・工夫することで、確実に自分・相手それぞれの印象が変わるはずですから、復縁を希望するなら必ず冷却期間を設けましょう。

冷却期間中の男性心理

別れた当初、男性側がどのような形で冷却期間を捉えているのかは、別れ方によって違いがあります。

喧嘩別れなどの理由であれば、怒りが冷めるにつれて後悔が生まれますが、あなたの側が男性を束縛していたような場合は、重い関係に感じているので「離れたい」という気持ちがしばらく続くでしょう。

冷却期間を置くデメリット

別れた相手と復縁を検討する上で、冷却期間を設けることは確かに必要です。

しかし、冷却期間が長いことは、必ずしも良いことばかりではありません。

以下に、冷却期間を置いた場合に想定しておくべきデメリットをご紹介します。

相手への気持ちが変わる

長らく連絡を取らないうちに、相手に対する気持ちが変化してしまうおそれがあります。

これは相手も同じことで、最初のうちは復縁しようかどうか迷っていても、時間の経過とともにそのこと自体を忘れてしまうかもしれません。

ほかに気になる相手が現れる可能性がある

復縁期間中は実質的にフリーと同じ状態ですから、他の異性から告白されたり、別の人が気になってしまったりするケースは十分考えられます。

もちろん、相手も同じ状況になることが予想されますから、冷却期間があまりに長過ぎるのも問題です。

価値観が変化してしまう

自分を見つめ直す期間として冷却期間を活用した場合、自分にも相手にも「恋愛以上にのめり込める」趣味や仕事が見つかってしまうかもしれません。

例えば、別れた相手が天職を見つけて海外に行ってしまうなどした場合、復縁につながる確率は非常に低くなるでしょう。

冷却期間の目安は相手と別れた原因で決める

適切な冷却期間の見定め方は、別れた理由によって異なります。

また、自分から別れを切り出したか、相手から切り出されたかによっても変わってきます。

続いては、冷却期間を設定するにあたり、別れた原因に応じた冷却期間の目安についてご紹介します。

突発的な口論・ケンカとなって別れた場合

怒りは大きなエネルギーを生む反面、怒った状態をキープするのも難しいものです。

口論・ケンカした直後は怒りが収まらないものですが、次第に頭が冷えてくると、発言や言動を後悔するケースは多いですから、なるべく早い期間・1~2週間ほどが経過してから、相手に謝罪の気持ちを伝えましょう。

ただし、逆鱗に触れるような発言をした・された場合など、ダメージが深刻な場合は、半年ほど期間を設けた方が確実です。

浮気が原因の場合

相手が自分の他に別の人と交際していた場合は、それが相手側に問題があるのか、二人の間に問題があるのかを見極めることが肝心です。

もし、全面的に相手側が悪いなら、もう連絡を取らない覚悟で半年~1年以上の冷却期間を設けます。

しかし、自分にも何らかの落ち度があったなら、将来を見据えて3ケ月~半年の期間を設けましょう。

結婚に対する考え方に相違があった場合

自分は結婚を見据えて交際していたのに、相手が結婚に消極的だった場合、価値観のズレはなかなか補正することができません。

どうしても相手と結婚したい・交際を続けたい場合は、一度3ヶ月程度の冷却期間を設けた後、自分に対する気持ちを確認してみましょう。

そこで相手に変化がなければ、関係を終わらせるのも一つの方法です。

音信不通になった場合

相手からの連絡が一方的に途絶えてしまった場合、冷却期間もいくつかのパターンが考えられます。

あなたに興味がなくなった・仕事が忙しくなった・うつ病を患ってしまったなど、音信不通になった理由も様々ですから、まずは相手の様子を見る意味でも、1ヶ月程度の冷却期間を置きます。

それでも連絡が来ない場合は、3ヶ月から1年を目安にして、もし連絡がなければ二人の関係を終わらせることも視野に入れましょう。

遠距離恋愛中の場合

顔を合わせる機会の少ない遠距離恋愛では、別れてからあまりに時間が経過してしまうと、関係性が途絶えてしまう可能性が高いでしょう。

冷却期間を設けるなら、最後に会ってから2~3ケ月といったところが目安です。

あまりに間を空けてしまうと、お互いの気持ちが急速に離れていってしまうおそれがあります。

冷却期間がいらない場合もある

冷却期間は、復縁を考えるなら必要な場合がほとんどですが、中には冷却期間を設けない方がプラスに働くケースもあります。

それは、別れ話が始まった段階で、まだあなたに対する気持ちが残っている場合です。

相手の浮気が原因ではなく、前向きに話し合いを続けた上で別れ話が始まったなら、自分から「今別れるつもりはない」ことを明確に伝えましょう。

二人で足並みを揃えながら関係性を見直した方が、話が良い方向に転がるはずです。

友達関係に戻る場合の冷却期間は?

相手が嫌いになって別れたわけではないなら、友達関係に戻るため距離を置く方法もあります。

友達関係に戻ることを同意してもらったとしても、できれば最初の1ヶ月は連絡を控え、それから他愛ない話を始めるのがよいでしょう。

元彼と復縁するなら友達に戻るべき?その理由と復縁するための方法

2020年10月12日

冷却期間中に注意したいこと

冷却期間中は、相手の目がない分だけ自由に行動してしまいがちですが、自分勝手な行動をしてしまうと相手の気持ちが離れてしまいます。

以下に、冷却期間中に取るべきではない行動・注意点についてご紹介します。

異性との交遊関係に注意する

復縁を考えている場合、自分がどんなに寂しい気持ちになったとしても、他の異性と時間を過ごすのはリスクが高い行為です。

特に、自宅に異性を誘ったり、二人だけで時間を過ごせる場所に行ったりするのは、誤解を招いてしまう可能性があります。

SNSに書き込む内容にも注意が必要

SNSを使って情報を発信する場合、相手に対して未練を感じていること・異性の友達と仲良くしていることなどを発信すると、相手が何らかの事情でそれをチェックした際に気持ちが離れてしまうおそれがあります。

ポジティブな内容・異性の影を感じさせない内容を発信するよう心掛けましょう。

冷却期間中に相手に連絡してしまった場合の対処法

冷却期間中に、もし相手に連絡してしまった場合は、まず相手の出方を見ましょう。

まったく反応がないようであれば、そのまま冷却期間をリセットして、連絡しない状態を継続すれば問題ありません。

もし、相手が心配して連絡をくれた場合は、感謝の言葉だけを伝えてから再び連絡を控えます。

誤って連絡したことをきっかけに、相手から復縁に関する話し合いを持ちかけられた時は、気持ちの整理がついているなら直接話をしてみてもよいでしょう。

復縁の可能性を高める!冷却期間中にやるべきこと

復縁の可能性を高めるためには、別れに至った原因を客観的に分析して、相手が魅力を感じられるような人間になることが第一です。

冷却期間中は、せっかく作った自分のための時間を、できるだけ有効活用することを考えましょう。

1.自分磨きをする

相手との関係が終わってしまった理由は様々ですが、自分に100%非がない状況はごくわずかです。

相手にとって至らない点はどこだったのか・自分自身で欠けていると感じる点はどこなのか、気付いている点に注目して自分磨きをしましょう。

見た目を美しくすることも大事ですが、それ以上に内面を磨いていくことも重要です。

2.没頭できるものを作る

冷却期間中は、相手との交際にかける時間・費用が発生しませんから、その分の時間を別のことに振り分けると、人生をより豊かにすることができます。

かねてからやってみたかったことを趣味にするのもよいですし、読まずにしおりがはさまったままの本を読破するのもよいでしょう。

恋愛とは違う行為に没頭することで、新しい自分を発見できます。

3.過去は感情を交えずに分析する

一人の時間を楽しんでいるうちに、別れた時の悲しみが次第に風化してきたら、自分の過去について感情を交えず分析してみましょう。

どうして交際が始まったのか・不協和音が聞こえたのはいつ頃からかなど、二人の間に起こったイベントを紐解いていきます。

将来をイメージした時に、相手と幸せそうに笑い合っている未来が見えたなら、復縁を前向きに考えられるはずです。

パターン別!冷却期間の過ごし方

学校・職場恋愛の場合、冷却期間を設けようと思っても、折々で顔を合わせてしまうことが多いものです。

完全無視を決め込むことは難しいですから、必要最小限のやり取りは行うことを覚悟した上で、相手との一線を設けつつコミュニケーションを図りましょう。

相手が同じ職場の場合

職場の同僚・上司・部下が交際相手だった場合、否応なしにやり取りは継続しなければなりません。

そのような場面でいちいち相手を意識していると仕事になりませんから、あえて「赤の他人」のように振る舞った方が、自分も相手も精神的な負担が少なくなります。

また、他の同僚に対しても、相手の話は絶対にしないようにしましょう。

職場の噂には尾ひれがつきものですから、悪い方向に捉えられる可能性があります。

相手が同じ学校(クラス)の場合

同じ学校・もしくはクラスに交際相手がいると、相手の笑い声を聞くたびに心がきしむ思いをするかもしれません。

しかし、冷却期間を置くと決めた以上は、なるべく相手を自分の視界から遠ざけることが大切です。

相手がいる場所を意識して離れつつ、挨拶や普段のやり取りは普通に行います。

どうしても二人きりになってしまった場合は、「何だか気まずいね」などと、気まずさをさらっと話して距離を置きましょう。

冷却期間後の連絡方法と伝える内容

自分が設定した冷却期間が過ぎたら、その段階で相手に連絡を入れます。

スタートの段階では、直接電話を入れるよりも、まずはLINE・メールといった文章から始めた方が、相手への精神的負担を軽くすることができます。

意識したいのは、できるだけ明るい言葉遣い・明るい内容での発信を心がけることです。

できるだけ短い文章で、近況報告をするにとどめましょう。

冷却期間を置いて成功!みなさんの復縁体験談

復縁を成功させるにあたり、「冷却期間を置く」という方法は多くの人が実践しています。

ここからは実際に冷却期間を置き、復縁に成功した女性の方の体験談を紹介します。

自分に当てはまるようなエピソードがあったら、期間設定やアプローチの方法を研究してみましょう。

ayaさん(31歳)の復縁体験談
彼とは大学の同級生で、卒業前から付き合うようになりました。

お互い就職先が近い事もあり、卒業後は同棲をする流れとなりました。

同棲から1年も経たない頃、「仕事がしんどいから1人になりたい」と告げられ、別れることに・・・。

そんな時にすがり付いても、しんどくなるばかりだと考え、冷却期間を取ろうと潔く引きました。

あっという間にアパートから私の荷物を運び出し、約1年。

私は復縁することだけを考え、しっかり時間を置いた後に忘れ物を取りに行きました。

その日の為にわざと忘れた物。

これを取りに来た時が本当に終わりだと思わせておいて・・・とびきりオシャレをして「もう忘れ物はないかな!」と元気に伝えて駆け引きしました。

そこで彼は「やっぱり俺が間違っていた、戻ってきてくれ」と・・・。

冷却期間は大切で、どんなに泣きわめきたくても引く時は引くべきだと実感しました。

今は彼と結婚し、幸せです。

りかさん(33歳)の復縁体験談
彼氏とは職場で出会いました。

初めは親しみやすい先輩と思っていて友達付き合いをしていましたが、私が別の人に失恋したことをきっかけに彼氏から告白され付き合うようになりました。

彼氏と別れることになった原因は完全に私でした。

好きすぎるあまり、彼氏のことを考えずに依存してしまい、それを彼氏は重いと感じて振られました。

彼氏がいなくなって初めて私は自分の行いを反省しました。

大好きな彼氏に本当に申し訳ないことをしたと思い、反省を込めて一切の連絡を絶ちました。

連絡をとらないようになって2ヵ月後、彼氏から突然連絡がきました。

内容は仕事に関する悩みでした。

私は下心なしに真剣に悩みを聞いてアドバイスをしました。

すると彼氏の方から、

「そんなにも俺の事を考えてくれてありがとう。自分から言ったのに勝手だけど…またやり直せないかな?」

と言われ復縁することができました。

復縁できたのは彼の事を真剣に考えれたからだと思っています。

たんぽぽさん(30歳)の復縁体験談

彼とは、職場の先輩の紹介でお付き合いすることになりました。

住んでいる場所も近く、2年ほど順調にお付き合いしていましたが、お互い仕事が忙しくなり、なかなか会う時間が取れなくなってしまい、距離を置いているうちに自然消滅のような形で別れてしまいました。

それからしばらくは自分の仕事もいっぱいいっぱいで、彼のことを考える余裕もありませんでしたが、繁忙期が落ち着いてくるにつれ、復縁したいと思うようになりました。

しかし、なかなか気持ちを伝える勇気がなく、半年くらい経ってしまいました。

私の誕生日に相手から「おめでとう」のラインが届き、それをきっかけにまた連絡をとるようになり、自分からご飯に誘い会う約束をしました。

思い出話で盛り上がり、いい雰囲気になったためお酒の力を借りて、

「〇〇君と一緒にいたい、また彼女にしてください」

と伝えたところ、

「俺もまたやりなおしたい、こちらこそこれからもよろしくね」

と言ってもらえました。

まとめ

復縁を成立させるための冷却期間は、自分にも相手にも必要なものです。

ただ、どのくらいの時間が必要になるのかは、置かれた状況・別れの原因によって変わってきます。

この記事が、二人にとってもっとも良い冷却期間を設定する参考になれば幸いです。

ひとりきりで悩んでいるあなたへ

いかがだったでしょうか?

男性の気持ちというのは女性には理解できない部分も多く、それ故に振り回されることも多いでしょう。

そして、男性の考えというのは多種多様です。

一筋縄でいかないからこそ、当サイトに訪れてくださっているアナタも悩む日々が続いているのだと思います。

しかし残念ながら、男性の考えを一人で考えていても解決する手立ては中々見つかりません。

困ったときには素直に自分の気持ちを誰かに話すのも良いでしょう。

そこでオススメしたいのが電話占いです。

電話占いなら、今すぐ・誰にも知られることなく・自宅にいながら占い師の先生に相談することができます。

友人に打ち明け辛いようなことでも話せるので、きっと悩んでいるアナタの心の拠り所になるでしょう。

以下のページから、当たると評判の電話占いサイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アナタの次の一歩が見つかるハズですよ。