浮気した相手と復縁する方法は?うまくいく為に知っておきたい復縁のメリットとリスク

浮気をした男のイメージ

交際をしている彼氏の浮気が発覚したとき、誰もが大きなショックを受けるはずです。

このとき、浮気をされたあなたには、二つの選択肢があります。

一つは相手との関係を終わらせる方法、もう一つは復縁する方法です。

「浮気」という行為によって、相手に対する気持ちが一気に冷めてしまう人もいるでしょう。

しかし、相手のことがまだ好きなら、関係を終わらせる勇気が持てず、復縁を考えるかもしれません。

今回は、浮気をしてしまった相手と復縁をする方法、そして、その際に考えられるリスクとメリットについてご紹介します。

浮気した相手と復縁をするリスク

話し合う男女

まずは、あなたという女性がいながら浮気をしてしまった相手と復縁をした場合のリスクについて考えてみましょう。

一時的に関係が改善したとしても、必ずしもハッピーエンドにつながらない可能性は、十分に考えられます。

相手にまた浮気をされる可能性がある

最初に考えられるリスクは、相手にまた浮気をされる可能性があるということです。

「浮気癖」という言葉があるように、交際している女性がいるにもかかわらず、新しい女性と浮気を繰り返してしまう男性は、残念ながら一定数存在しているようです。

せっかく関係を改善しても、浮気の原因があなたではなく交際相手の男性にあったとしたら、正直なところ別れる以外の選択肢はハイリスクです。

年代にかかわらず浮気をしている男性が一定数存在していることを考えると、やはり人が集まれば、その中の数人は浮気に走りやすい傾向を持っていると言えます。

ただし、本当に真剣に愛せる女性を見つけた段階で、パタリと浮気性がおさまるケースもないわけではありません。

お互いのすれ違いから生まれた浮気なら、関係改善の可能性は十分ありますから、一時的なものか・病的なものかを見極める目は必要になってくるでしょう。

相手に対して疑心暗鬼になることも

交際相手に浮気をされると、その後の一挙一動に不安を感じてしまう可能性もあります。

今までは気にしなかった相手の携帯電話がどうしても気になってしまい、のぞき見をするようになってしまうケースも。

信頼していた人に裏切られた経験は、心の中に大きなトラウマを残します。

「また同じことが起こるかもしれない」と疑心暗鬼になってしまうのは、誰もが想像できることでしょう。

そんな中で気持ちを切り替えて関係を継続することで、心身に疲れを覚え、やがて体調を崩してしまう可能性もあります。

関係を継続することが苦痛になるなら、それは大きなリスクになるはずです。

浮気した相手と復縁をするメリット

ハート

続いては、浮気をした相手と復縁することによって得られるメリットをご紹介します。

全ての人に当てはまるわけではないものの、新しい出会いを求める労力を使わずに、今まで築いてきた関係を継続できる点に利点があります。

気持ちをリセットするきっかけになる

交際相手が浮気をしてしまった場合、その事実は動かしようのない事実です。

しかし、過去はどうあれ未来は変えられますから、一度お互いの気持ちをリセットするための「きっかけ」として働けば、より強固な関係を築くことができます。

一説によると、浮気をする人は常に「不安」を抱えていると言われています。

そして、その根本的な不安が解消されない限り、浮気に走ってしまうのです。

復縁以前よりも関係が改善されたカップルも珍しくないことから、お互いの気持ちが離れていないなら、復縁を選択するメリットは十分あります。

「いろいろあったけど、今は信頼しているよ」という姿勢を見せられたなら、きっと相手は今後浮気には走らないでしょう。

相手の浮気が保険になる

心理学において「ピグマリオン効果」という用語があります。

これは、人に備わる「期待されているものになろうとする」性質を指しています。

浮気をした相手を許し、次からは同じことをしないと信じる姿勢を見せることで、交際相手も「今までの人とは違う」と感じるようになります。

また、相手には「浮気をしてしまった」という負い目があるので、次回こそは何としてもあなたの期待に応えなければと考えるようになるのです。

同時に、愛想をつかしたあなたが今度は浮気をするのではないか?という不安にもさいなまれるでしょう。

相手が犯してしまった「浮気」という失敗に行動が制限されることになれば、結果的に相手が浮気するリスクは減少します。

相手がどのくらい反省しているかにもよりますが、あなたが今後の交際で優位に立てる可能性は高くなります。

二度と浮気させない!復縁を成功させる方法

腕を組む男女

浮気をしてしまった相手と復縁をするリスクとメリットについて触れてきたところで、次は、浮気をしてしまった相手と復縁をするための具体的な方法についてお話したいと思います。

まずは、相手と距離を取ることから始めて、徐々に二人の間に生まれた距離を縮めていくことが、関係改善には求められます。

相手に二度と浮気をさせないためにも目を通してみてください。

冷却期間を置く

感情的なやり取りに発展してしまわないよう、ある程度の冷却期間を置くようにしましょう。

相手が謝ってきても、あなたの感情が落ち着くまでは「今は話したくないから、私から連絡するまで連絡は控えて欲しい」と伝えてください。

相手が素直に受け入れるにせよ、しつこく連絡を入れてくるにせよ、しばらくは沈黙し、しっかりと冷却期間を置きましょう。

お互いが冷静になるまでは、建設的なやり取りは難しいものと考えるのが賢明です。

適切な冷却期間は人によって異なりますが、数ヶ月(13ヶ月)ほどが目安となります。

冷却期間が長すぎると、お互いに気持ちが冷めてしまい、かえって逆効果になる可能性もあるので注意が必要です。

最初の連絡はメールやLINEで

あなたの中で心の整理がついたら、メール・LINEなどを使って、最初は文字でのやり取りから始めましょう。

電話で話をすると、どうしても感情を刺激されるため、思い出したくない瞬間を思い出して口論になってしまう可能性があります。

まずは、当たり障りのないところからやり取りを始め、どうして浮気したのか、今でも自分と関係を続けたいと思っているのかなどを聞いてみます。

相手があなたと関係を継続したいという意向を伝えてきたら、そこから今後のことを話し合いましょう。

自分磨きをする

浮気の後、相手が交際を継続するかどうかにかかわらず、冷却期間中に自分磨きをしましょう。

「仕事が忙しくてまともに相手ができなかった。」

「冷静に考えたら、態度が冷たかったかもしれない。」

「結婚を焦って彼氏にプレッシャーを与えていたかも。」

少し距離を置くことで、あなたと相手との適切な距離感が少しずつ見えてきます。

その間に、あなたの中で欠けているものを補うために、勉強・仕事・遊びの場面で自分磨きをする努力をしてみましょう。

自分磨きをする際の注意点は、相手が望むあなたになるのではなく、あなたが今までないがしろにしてきた興味の対象に目を向けることです。

自分を大切にすることで、結果的に相手を大切にするためにはどうすればよいのかを探ります。

交際相手以外に大事なものを見つけたとき、人は余裕を取り戻します。

その余裕が、相手に対する理解と今後の対応力につながるのです。

相手が浮気をした原因を知る

あなたの心にゆとりが生まれたら、いよいよ事件の核心に迫っていきます。

どうして、あなたというパートナーがいながら相手は浮気に走ったのか?という点です。

現段階で浮気相手の女性と縁が切れていなかったなら、その関係は論外です。

しかし、きっぱり浮気相手の女性と別れていることが証明できたなら、相手が思うところの「浮気をした原因」をきちんと聞いておきましょう。

このとき、仮に相手が原因はあなたにあったと率直に伝えたとしても、反論せずに受け入れ、共感します。

その上で、あなたの意見も相手に伝えたら、その後の関係修復をどう進めるのか考えていきます。

次回浮気したら別れると伝える

お互いの関係修復について話し合いを重ねる場合、必ず伝えるべきことがあります。

それは「次回浮気したら別れる」という点です。

このとき、相手方にそれを求めるだけでなく、あなた側も同じ条件を提示します。

あなたが他の相手に魅力を感じてしまった場合も、きちんと伝えるから受け入れて欲しいと話すのです。

相手としては、一度あなたを裏切ってしまった以上、まともな神経を持っている人なら条件を受け入れるはずです。

もし、それは勘弁して欲しいと食い下がるようであれば、あなたが相手にとって安全パイになっている可能性もありますから、関係の継続は見直した方がよいかもしれません。

不倫の場合は離婚もちらつかせる

結婚している夫婦の場合、浮気は「不倫」として、行った側が一段階重い扱いを受けます。

よって、次に不倫をした場合は離婚することをちらつかせた上で、今後の関係をどうするのか問いただしましょう。

可能であれば、あなたや相手方の両親にも事情を伝え、包囲網を作るのもよいでしょう。

しかし、二人の間に子供がいるケースでは、よりシビアな判断を迫られます。

子供が物心つく前ならいざ知らず、思春期を迎えた頃の両親の不仲は、子供の将来に大きな影を落とす可能性も否定できません。

仲の悪い両親のもとで暮らすよりも、片親になってもあなたのことを大切に思ってくれる親と一緒に過ごした方が、結果的に愛ある家庭になることもあります。

検討した結果、関係を改善できる覚悟がお互いに十分でないなら、離婚に踏み切るという選択肢も想定しておきましょう。

浮気した相手との復縁で後悔しないために

赤い糸

以上、浮気をして別れた相手と復縁をする方法、そして復縁をするリスクやメリットをご紹介しました。

一般的には、男性の浮気には常習性があり、一度浮気で関係を壊した男性とは交際を続けるべきではないという見方が主流です。

しかし、二人の間柄にそうなるべき当然の理由があったなら、お互いを見つめ直すことで関係の改善につながる可能性もあります。

話し合える時間と余裕があるのなら、まずは復縁の方向性を検討し、それから別れるという決断をしても遅くはないのかもしれません。

後悔をしないためにも、もし、一人で悩んで袋小路に入っているなら、信頼のできる相手に相談しつつ、二人の今後を決めることをおすすめします。

合わせて読みたい記事
「別れたけど、やっぱりやり直したい」元彼と復縁するためには、どうすればよいのでしょうか? 次の記事を参考にしてみてください。
歩くふたり

突然すぎる彼との別れ…復縁を願ったYさんの末路

2020年2月21日
ひらめく女性

元彼との復縁を成功させる7つの方法!失敗しやすいパターンと合わせて紹介

2019年11月22日

「当たる」と評判の電話占いはどれ?

誰にも相談出来ない悩み、ひとりで抱えていませんか?

電話占いなら、信頼の出来る占い師の先生に、「今すぐ」「対面することなく」「気軽に」あなたの悩みを相談することができます。

次の記事では、当たると評判の電話占いサイトを、料金や口コミと合わせて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。